交通事故に遭ったときに被害者としてまずやるべきことを説明します。
相手の住所氏名電話番号の確認をできれば運転免許証で行います。
相手の車のナンバーも控えておきましょう。
警察へ連絡します。少しでもケガをしていれば人身事故として申告しましょう。
ケガの状態により救急車を呼びます。
目立った外傷がなくても頭や背中腰を打っていれば救急車を呼ぶべきです。
救急車を呼ばなかったときでも、ケガをしていればできるだけ早く病院で診察してもらいましょう。
ご自身が加入している保険会社への事故の報告をしておきましょう。