実況見分により作成される実況見分調書は、その後の損害賠償請求において、事故態様を明らかにする証拠として扱われるものです。
事故により救急車で運ばれ入院となった場合、実況見分に立ち会うことは難しくなりますが、そうでない場合はできるだけ実況見分に立ち会った方がよいです。
実況見分に加害者のみが立ち会った場合、加害者の言い分が採用され、事実と異なる事故状況として、実況見分調書が作成される可能性があります。