自身の加入する保険会社への連絡をしましょう。交通事故の被害者となった場合、加害者が任意保険に加入していれば、加害者の加入している保険会社の保険金により損害賠償がされますので、被害者が加入する保険会社への連絡は不要のようにも思われますが、事故が起きた場合、自身の加入する保険が使える場合がありますので、自身の加入する保険会社にも連絡をしておきましょう。
具体的には、相手が任意保険に加入していなかったり、過失割合に大きな争いがある場合では、自身が加入する保険の人身傷害補償特約を使うべき場合のときもありますし、損害賠償請求について弁護士に依頼する場合は弁護士費用特約が使える場合があります。
特に弁護士費用特約は、弁護士に依頼する場合にネックとなる弁護士費用を、保険金から支払うことができるため、大変有用な保険です。また、弁護士費用特約を使っても、保険の等級に影響することもありません。交通事故の被害に遭われた場合、是非、弁護士費用特約のご利用をご検討ください。