交通事故による受傷により、お仕事を休まないといけなくなり、収入が減った場合、その減収分は損害として認められます。
会社等にお勤めの給与所得者の方の場合、事故前3か月間の収入から一日当たりの収入を算出し、事故のお怪我により仕事を休んだ日数(有給休暇を使った日数も含む)をかけて、休業損害の金額を算定します。保険会社への請求には会社等に休業損害証明書を発行してもらう必要があります。
専業主婦の方は、事故のお怪我が家事労働にどの程度の支障を与えたかを検討した上で、女性の平均賃金から休業損害を算定します。
個人事業主の方は、前年度の確定申告の所得額から算定されるのが原則です。
会社役員の方は、役員報酬のうち労務対価部分を判断し、算定します。