交通事故によるお怪我は治ることが一番です。
不幸にも後遺症が残ってしまった場合は、その後遺症について、適正な損害賠償を受けることが必要です。
交通事故によるお怪我が治ることを治癒、後遺症が残ることを症状固定といいます。
治癒か症状固定となるまでの治療費は交通事故の損害として認められますが、それ以降に後遺症の治療が必要となっても原則として治療費は交通事故の損害として認められません。
後遺症が残った場合は、後遺障害慰謝料及び後遺障害逸失利益が後遺症についての損害として認められることになります。