交通事故の損害賠償請求においては、後遺症について後遺障害等級(1級~14級)というものが定められています。
そして、後遺障害等級を判断するのは、自賠責の損害保険料率算出機構です(裁判までもつれ込めば最終的に裁判所が判断しますが、損害保険料率算出機構の判断は重視されます)。
後遺障害等級はその等級ごとに労働能力喪失率と後遺症の慰謝料額が定められています。
交通事故に起因する症状について、主治医の先生が症状固定と判断した場合、後遺障害診断書の発行をお願いすることになります。
この後遺障害診断書や、その他検査結果等、医療の記録をもとに、事故状況についての資料等も併せて、損害保険料率算出機構が後遺障害等級を認定します。