自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は強制加入保険です。
自賠責保険は人身損害を補償するものであり、物的損害は保証されません。
任意保険は対人も対物も無制限でかけられることが多いものですが、自賠責保険は限度額が定められています。
ケガの治療費や休業損害を補償する傷害補償は120万円が限度額です。
後遺障害補償についての慰謝料は後遺障害等級ごとに75万円から4000万円の範囲で定められています。
死亡補償は3000万円が限度額です。
加害者の加入している自賠責保険会社は交通事故証明書を見るとわかります。
加害者が任意保険に加入している場合、任意保険会社から自賠責保険金の分も含めて保険金が一括払いされる運用が多くされています。
自賠責保険は被害者保護のための保険ですので、過失相殺が被害者に重過失がある場合に限られます。
具体的には、被害者の過失割合が7割未満の場合は過失相殺されません。
傷害補償は7割以上の過失があっても、2割減額がされるにとどまります。
後遺障害補償及び死亡補償の場合は、7割以上8割未満で2割減額、8割以上9割未満で3割減額、9割以上で5割減額とされています。