明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

消極損害というのは、交通事故がなければ得ることができた利益のことです。
交通事故のせいで、何もなければ得ることができた利益を得ることができなかったことについて損害と捉えます。
すでに解説した休業損害がその代表と考えることができます。
休業損害の他には後遺障害逸失利益及び死亡逸失利益が挙げられます。
後遺障害逸失利益は交通事故により後遺障害が残った場合に認められる損害です。
後遺障害等級ごとに労働能力喪失率が定められており、労働能力喪失率と基礎収入と労働能力喪失期間をかけた金額から中間利息控除をした金額が後遺障害逸失利益の額となります。
労働能力喪失期間は症状固定日から67歳までの期間が原則とされておりますが、67歳を超える方については、平均余命の2分の1が労働能力喪失期間とされます。
むち打ち症の場合は、労働能力喪失期間が5年から10年に制限されることが多いです。
中間利息控除については、年数ごとのライプニッツ係数を使用します。
死亡逸失利益は、有職者または就労可能者については、「現実年収額または平均賃金×(1-生活費控除率)×67歳までのライプニッツ係数」という算式で計算します。18歳未満の未就労者については、「平均賃金×(1-生活費控除率)×(67歳までのライプニッツ係数-18歳までのライプニッツ係数)」という算式で計算します。
かかるはずであった生活費が控除されます。生活費控除率は一家の支柱で被扶養者1人の場合は40%、被扶養者2人以上の場合は30%、女性は30%、男性は50%が標準とされていますが、個々のケースごとに検討されます。