一括払制度は、加害者が自賠責保険と任意保険に入っている場合に、任意保険会社が、自賠責の保険金も含めて立て替えて支払い、後日、自賠責保険会社に対して自賠責保険相当額を求償する制度です。
加害者が任意保険に加入している場合、一括払の制度は広く行われており、被害者としては、加害者の任意保険会社のみを窓口として交渉すれば足り、任意保険会社に加えて自賠責保険会社へ自賠責保険の請求をしなくても済むというメリットがあります。損害保険業界のサービスとして行われている制度です。
一括払制度のもと、任意保険会社は、自賠責保険から支払われる保険金の額を予測できないと、いくらで示談を成立させるべきか判断が難しく交渉を進めていくことが難しいため、あらかじめ自賠責損害調査事務所に対して、加害者の賠償責任の有無、重過失減額の有無、後遺障害の有無とその程度について、事前に認定を依頼します。これが事前認定と呼ばれているものです。
被害者が直接自賠責保険へ請求し、後遺障害等級認定を求める被害者請求の方が、資料を集める手間はかかりますが、請求について保険会社のコントロールが及ばないため被害者に有利とされることがありますが、ケースバイケースで状況の如何によっては、事前認定でも問題ない場合もございます。